千葉の会社からの依頼で知った、いろいろな葬儀のかたち

最近のお葬式は、家族葬や無宗教葬が増えてきていると言われます。

家族葬は、その字のとおり近親者、家族だけでとりおこなわれる葬儀のことです。

密葬とも言われますが、最近では家族葬という名前が浸透してきているようですね。

ほんとうに故人と親しい人たちだけで、ゆっくりとお別れの時間をもとことでがきる、というものです。

よく有名人や芸能人でも、葬儀は密葬、または家族葬でとりおこない、後日お別れの会をする、とよく聞くことがあります。

著名人の場合、一般の人でもお別れをしたい、という要望からお葬式とは別に、お別れの会というような機会を設けているのです。

クライアントである、千葉で葬儀を手掛けている会社でも、ここ数年で家族葬はとても増えてきているということでした。

お葬式は、その宗派によって儀式の内容が異なってくるのですが、無宗教という方もまれにいることです。

また宗教はあるけれど、お葬式は無宗教を希望するというケースもあるようですね。

決まりごとにとらわれず、自由に故人が喜ぶ内容でとりおこないたい、という遺族の要望や、また自分が亡くなったらこのような葬儀をしてほしいと、いって亡くなるというケースもあるようです。

▼いつ何があるか分かりません⇒死後に夫の浮気が発覚、義母の中傷日記を発見…家族をどん底に陥れない家のエンディング整理術|ダイヤモンド・オンライン

たとえば、故人の好きだった音楽を流し、弔問客には献花をしてもらう、故人の生前の姿をビデオで流したり、スライドなどで紹介するといった方法もあります。

私に依頼した千葉で葬儀を手掛けている会社でも、いろいろなパターンを考えているそうです。

それを考えると、悲しいという葬儀のイメージも変わってくるような気がしますね。

Comments are disabled